ふくしま花案内人

ふくしま案内人とは

福島市には、花見山公園を筆頭に花の名所が数多く存在します。
その花の名所で訪れたお客様をご案内し、福島の魅力をPRしているのが、ボランティアガイド「ふくしま花案内人」です。
平成16年の春からガイド活動を開始し、現在では会員数140名を超える大きな団体に成長しました。

花見山公園と花案内人

「ふくしま花案内人」の活動の中でもっとも重要かつ大規模なものは、春の花見山公園でのガイド活動です。花見山公園前観光案内所(ログハウス)と園内各所に駐在し、訪れたお客様に花の説明やビューポイントをご案内しています。ご希望の団体には、同行案内も行っております(※)。年間を通して何度も花見山公園を訪れ、様々な研修を重ねている花案内人だからこそ知っている、とっておきの情報を教えてくれます。

シーズン中は、JR福島駅東口でもお客様をお迎えしています。花見山公園へのアクセスはもちろん、開花状況もご案内しています。

花案内人が花見山公園で活動する上での根底には、2代目園主・阿部一郎さんの“想い”が浸透しています。阿部さんの生前のお言葉“気兼ねなく見ていってくなんしょ”。その温かい心遣いと花見山公園への想いが、花案内人ひとりひとりのおもてなしの精神に繋がっているのです。

※ふくしま花案内人について、同行案内についてのお問い合わせは、
(社)福島市観光コンベンション協会までご連絡ください。
(TEL:024−531−6432

花案内人の全体集合写真
花案内人の全体集合写真
花見山公園でのガイドの様子
花見山公園でのガイドの様子
花見山麺