花見山について

春の息吹を満喫
『花見山』

「福島に桃源郷あり」

「福島に桃源郷あり」

福島市が華やぐ季節「春」。

写真家の故・秋山庄太郎氏が毎年のように訪れ「福島に桃源郷あり」と称賛した「花見山公園」は、今では全国各地からたくさんの人々が訪れる福島県屈指の観光名所となりました。

「福島に桃源郷あり」
咲き誇る花々の間から福島市街地の風景が広がる

咲き誇る花々の間から
福島市街地の風景が広がる

春になると、ウメ・レンギョウ・トウカイザクラ・ボケ・ソメイヨシノ・ハナモモなどの花々が一斉に咲き競い、周辺の花木農家の畑と共に山全体が淡いピンク色に染まってみえる様は、まさに「桃源郷」そのものです。

天気の良い日には、市西部の吾妻連峰や安達太良連峰を望めます。春になり、吾妻小富士に降り積もった雪が解けはじめると、山肌にはうさぎの形をした残雪がみられ、市民から「吾妻の雪うさぎ」の愛称で親しまれている景色を楽しむことができます。また、花見山の山頂に登れば、咲き誇る花々の間から福島市街地の風景が眼下に広がります。

咲き誇る花々の間から福島市街地の風景が広がる
誰よりも花を愛した花見山公園二代目園主・阿部一郎氏

誰よりも花を愛した
花見山公園二代目園主・阿部一郎氏

この「花見山公園」が、実は個人所有の山であることはあまり知られていません。花見山公園二代目園主・阿部一郎氏とその父・伊勢次郎氏が、それまで営んでいた養蚕をやめ、昭和の始めに花木農家として生計を立てようと決心し、雑木林の開墾にその身を投じたのが「花見山公園」誕生の生い立ちです。

花木農家として誰よりも花を愛していた阿部一郎氏は、「花見山は私の人生そのもの。毎年たくさんのお客様が私と同じ気持ちで花を求めてみえるんだと思うと、自分の考えが間違っていなかったなと思ってうれしくなります。」と、花を通して多くの人々の心を癒してくださいました。

誰よりも花を愛した花見山公園二代目園主・阿部一郎氏